もう一度乗りたい車について

運転免許を取得して20年が経過し、今まで色々な車を乗り継いできました。ジムニー、BMW3シリーズ、マツダロードスター、S2000等、主にスポーツカーを中心に乗ってきました。ただ、今は、小学生の子供が2人いる事もあり、ミニバンに乗っていますが、子供が大きくなれば、また、好きなスポーツカーに乗りたいと思っています。そんな中で、私がもう一度乗りたいと思っているのが、大学生の時に親に借金をして買った、6代目のセリカです。今から20年前に中古で140万円で購入しました。当時、あの丸いヘッドライトとワイドなボディが物凄く憧れでした。購入したグレードは、SS-Ⅲで、ストラットサスペンションとヤマハ製の3S-GEエンジンが装備されていました。本当は、ラリーで活躍していた、ターボエンジンを搭載したGT-FOURが欲しかたのですが、高すぎてさすがに諦めました。しかし、大学生時代に良く走ったあのフィーリングは凄く気持ちよくて、今でも良い思い出になっています。当時はシルビアや180SXなどFRレイアウトがもてはやされている中で、セリカはFFレイアウトでしたが、安定したコーナリング、そして、爆発的なパワーではありませんでしたが、よく回り、扱い易かったエンジンは今の私が乗ればどう感じるのかすごく興味があります。今でも、凄くたまにですが、あの丸目セリカを見ると私の青春時代を思い出し、もう一度乗ってみたいという衝動にかられます。

マニュアル車で問題解決

現在市販されている一般家庭で使う車の大半がオートマティック車(AT車)です。AT車は操作が簡単なので免許さえ持っていれば公道で走行可能です。
しかしこの誰でも運転できる便利さが、最近の交通事故などを誘発しているように感じられます。
スマホを操作しながらの運転。飲酒運転。高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故。ゲームで運転を覚えた小学生による公道の走行。
片手間であったり、適正な判断ができない状態でも運転できてしまうAT車。生活に密着している事もあって、一つ間違えれば大事故につながる凶器を操っているという意識が非常に低いのです。

そんな問題を解決してくれるのがマニュアル車(MT車)です。クラッチペダルとシフトレバーがある分、操作性はAT車に比べ格段に難しくなります。
しかしその事が車を運転するうえで重要なのです。的確に判断して操作できる。その判断力がなければ運転できません。
クラッチをうまくつながないとエンストするMT車は、アクセルを踏むだけで車が暴走してしまうAT車にはない安全性があります。自動ブレーキも素晴らしい機能ですが、それ以前に自分で制御できないようなマシンを操ってはいけないのです。

さらに、操作が難しくなる分運転に集中しなければならないので、スマホ片手に運転ということもほぼなくなるのではないでしょうか。もちろんずっと1速で走行も可能ですが、回転数が上がるだけでスピードは出ません。もし運転中にドライバーに何かあったとしても、アクセルから足が外れさえすれば車はいずれはエンストして止まります。AT車のように低速でも走り続けるということはないのです。

このように現在起きている問題は、車に新しい機能を搭載することなく解決する事ができる可能性があるのです。

車の買い替えについて

結婚してから10年程経ちますが独身の頃からも含めて10数年乗っていた普通乗用車の車の買い替えをずっと考えていました。子供が赤ちゃんの頃などは広く感じていたし、あまりこれといった不便さも感じていませんでした。でも災害を経験したことがきっかけで不便さを感じる事になりました。まさか自分達が災害を経験することなど少しも思っていなかったし車中泊をする事になるとは考えもしませんでした。車中泊をした時に子供を含めてぎりぎり家族3人寝れたのですが次乗る車は絶対に軽バンを買うと決めました。軽バンなら3人でも余裕を持って寝ることが出来るので少し遠出をする時には仮眠をとることも可能なのであまり帰りの時間を考えることなく過ごせると思ったからです。こういう考え方を持ったのも車中泊を経験したことがきっかけです。それからはインターネットで情報を調べたり、実際に店舗に見に行ったりしていて今年中には買いたいと思っていました。いつものようにチェックしていて最近になってお気に入りになった車にやっと出会うことが出来て夏の終わりに思いきって購入しました。今まで乗った車の色は白ばかりだったので希望していた色つきの車であることや広さや内装など何もかもが満足です。まだ実際に車中泊はしていませんがそれも楽しみの1つになっています。子供も心配していた車酔いすることもなく安心しました。購入してからまだ数ヶ月ですが長く待った甲斐もあって大変気に入っています。

乗ってみたいミニバン

私は現在ホンダのステップワゴンに乗っています。平成20年式のRG-1です。乗って5年くらいが経ちますが今、乗り換えを検討しています。そこで今乗りたいと思っている車がトヨタのアルファードです。トヨタのミニバンと言えばヴェルファイア、アルファード、少し小さいサイズになれば、シエンタなど有りますが、やはり認知度や人気の高さで言えばアルファードとヴェルファイアの2台だと思います。この2台は兄弟車として発売され価格や内装、外装のデザインは似ている車です。が私は断然アルファード派です。街で走っている車を見るとヴェルファイアを多く見かけます。しかし外装や内装デザインではアルファードの方がカッコいいと思います。それに2台とも社外パーツが多く販売されていて自分好みにカスタマイズ出来るのが利点だと思います。数多く販売されているパーツの中から自分の気に入ったものを選び、世界に1台だけの車を作り上げることが可能です。確かに車体が大きく車重が重い分、燃費を考えると他のミニバンには劣るかもしれません。がハイブリッド車も設定されていますので、長い目で見れば車そのものを楽しめる1台だと思います。雑誌でもヴェルファイア派かアルファード派か取り上げられています。数的にはヴェルファイア人気が高いのが少し残念な点です。アルファードの持つ高級感、上質な内装、CMでも「上質な移動空間」と謳っています。現在、購入に向け販売店を巡っていますが早く手に入れたい気持ちでいっぱいです。

車にお金をかけすぎる彼に呆れています

私の彼は車が好きなのですが、車種やメーカーに拘るのではなく、タイヤのホイルを変えたり車高を変えたりメーカーのエンブレムを変えたりと車を弄ることが好きなんです。私にも色々な趣味があるので彼の趣味についてもある程度は理解をしていますし、彼の車なので私がどうこう言うことでもないのですが、お給料のほとんどを車に使っていますし、色々と弄っているのでキレイな道路では良いのですが、舗装が悪かったりすると振動も酷いんです。彼とのデートはお互いの仕事が終わってからが多いので、どうしても夜になるので車での移動がほとんどなんです。車が無いよりは有るほうが行動範囲も広くなりますし、便利なのですがもう少しおとなしい感じの車のほうがいいなと思っています。また、お給料のほとんどを車に使ってしまうのでいつも金欠だと言っているんです。彼の好きなことだから止めろとは言いませんが、これからはもう少し車に使うお金を控えてほしいと思っています。しかし、私と違って彼は車以外に趣味もないので、なかなか言い出せないでいます。何か他にも趣味や興味が持てる物ができればと思い、色んなことに誘ってみるのですがどれも興味がないようで一緒に行ったことはないんです。もう少し若ければそれでも良いのですが、彼も30代なのでそろそろ過剰に車にのめり込むのは止めてほしいと考えています。ハッキリとは言えないので遠回しに言ったこともあるのですが、俺は車バカだから何歳になってもこのままだと自信満々で言う彼に呆れてしまって何も言えなかったです。

茨城県の交通マナーは悪い

私の地元の茨城はとにかく運転のマナーが良く無いです。なので、私は大学時代に教習所に通う時もとてもストレスでした。実際に外の道を走る時も、こちらが教習中のマークを付けているのに、追い越しをしてきたり、煽って来たりなどがありました。教官の人は「こういう人達もいるけど相手にしないで」と言っていましたけど、そのようなマナーの悪い車はとても多かったです。
免許を取ってからも、外で運転をするのはノリノリじゃなかったです。田舎で狭い道なのに凄いスピードで走るのです。なので、狭い道ですらもコチラは緊張してしまいます。自転車で道を走っている時も凄いスピードで私の横を追い越す車があるので、その時は「あぶね!」ってなります。
これは茨城県民の特性なのかもしれないですね。短気でせっかち。別に急いでいる訳でも無いのに飛ばす車が多いのです。私も友人の車に乗っている時に凄く飛ばすので「どうしてそんなに飛ばすの?」と聞いたら「いや、道が空いているから」と言ってきて驚きました。私は友人を怒りましたね。スピードを上げ過ぎるともしもの時の対応が出来ないので、飛ばさない方が良いと言いました。そしたら友人も反省したようでスピードを上げなくなりました。
私はそのようなスピードを飛ばす人達を見てきたので、車の運転は安全運転です。周りが追い越しをしてきても「はいはい」という感じで相手にしません。車は便利ですが、使い手によっては危なくなるので、少し怖い乗り物ですね。